「水間鉄道」再生へ加速 地域の大切な公共交通と貝塚市が支援

 貝塚市内を約5・5キロのルートで結ぶローカル鉄道・水間鉄道(貝塚駅-水間観音駅)は今年開業90周年。かつて水間観音への参詣路線としてにぎわった。だが、平成に入り、利用者が減少、経営が悪化し、会社更生法の適用を申請、平成18年には新生会社としてスタートした。ただ、V字回復にはほど遠く、市が全面支援。あの手この手の作戦で復活を目指す。

 「みんなで乗って守ろう、5・5キロ」

 昨年11月1日。水間鉄道の1日乗り放題の乗車券「プレミアム1dayチケット」が発売された。

 貝塚駅や水間観音駅では、特設ブースを設置。大々的な販売促進キャンペーンを展開した。

 今年2月3日までの期間限定とし、販売数は3千枚限定とした。値段は大人600円だ。

 また地元特産品を景品とした抽選券も配布。当たれば、地元温泉保養施設のペア宿泊券をはじめ、ハムやカマボコ、日本酒、タオルなどがプレゼントされる。

 チケット発売日には、水間鉄道の職員とともに、貝塚市職員も販売を手伝った。地元の大切な公共交通を守るために市は水間鉄道を大々的に支援している。

 水間鉄道は大正14(1925)年に開業。同15年に全線開通した。水間観音への参詣路線としてのほか、沿線住民から「水鉄(すいてつ)」の愛称で親しまれ、通勤・通学に利用されてきた。

 全盛期の昭和40~50年代には年間400万人が利用。約20億円の利益をあげたこともある。

 しかし、バブル期の過剰な不動産投資に加え、少子・高齢化などで利用者も減り、経営は急速に悪化。平成17年には多額の負債を抱えて会社更生法の適用を申請。事実上、倒産した。

 そして外食チェーン大手のグルメ杵屋の支援を受け、再建を進め、翌18年に会社更生計画が終結。新生会社として再出発した。

 電車の先頭に取り付ける円盤形ヘッドマークに結婚や誕生祝いなどのメッセージを自由に書ける「オリジナルヘッドマーク」を1枚1万円で販売するなど、知恵を絞ってきたが経営環境は厳しいまま。そこで市が支援に乗り出した。

 市は昨年7月、「水間鉄道活性化・再生プロジェクトチーム」(PT)を発足させた。

 国土交通省から市に出向しPTを統括する波多野真樹副市長は「地域公共交通の役割は大きい。市も地域戦略と一体化して支援していく必要がある」と話す。

 PTの委員は8人。その辞令交付式で、藤原龍男市長は「市民みんなで支える仕組みづくりを具体的に進めてほしい」と激励した。

 都市整備部長をリーダーとする実務レベルのワーキンググループも設置。再生策の第一弾として打ち出したのがプレミアム1dayチケットだった。

 PTと別に、市内の観光協会や商工会議所でつくる実行委員会も組織された。

 さらにPTでは、水間観音には、江戸時代のラブストーリーに由来する「お夏・清十郎の墓」や縁結びの「愛染明王」をまつる愛染堂もあるため、これを生かした若い女性観光客の誘致作戦を計画。マイカー利用者に水間鉄道に乗り換えてもらうため、駅前駐輪場の整備も検討している。

 水間鉄道の平成25年度の乗降客は186万人。当面の目標は220万人に増やすことだ。市の支援を受ける水間鉄道の関西(せきにし)佳子会長は「社員70人弱の小所帯の会社として大変心強い。努力を重ね、飛躍の年にしたい」と意気込んでいる。

会員限定記事会員サービス詳細