真田丸、城外孤立の砦だった!? 最新の等高線調査で可能性高まる 大阪

 「真田丸があった場所は起伏が激しく、天然の要害ともいえる場所。実は真田丸を築く必要はなかったのではないか」。古地理図を分析した千田氏は指摘し、こう語る。

 「あえて戦の定石に反した城外孤立の砦を築いて格好の標的となり、徳川勢の主力を引き受け、その隙に西側の他の部隊が反撃を仕掛ける。それが幸村の作戦だったのかもしれません。幸村は、常識を超えた戦略の持ち主。まさに恐るべき知将です」