共謀罪法案、通常国会でも提出見送り 今秋の臨時国会で提出方針

■共謀罪  国際テロなど重大犯罪の計画・準備を構成要件とする犯罪。テロ組織や暴力団、マフィアなどによる組織犯罪の未然防止が目的。犯罪の実行行為がなくても謀議に加わることで処罰対象となる。平成12年の国連総会で「国際組織犯罪防止条約」が採択され、日本も署名したが批准が遅れている。

会員限定記事会員サービス詳細