人気餃子店の店名めぐる法廷闘争決着 「丸正餃子」と「餃子の丸正」和解成立

 一口サイズの薄皮ギョーザが人気の大阪府大東市の「丸正(まるしょう)餃子店」が、よく似た店名で営業され、利益を侵害されたとして、ギョーザ専門店「餃子の丸正」を経営する「丸正」(同府門真市)を相手取り、表示の使用差し止めと6500万円の損害賠償を求めた訴訟で、丸正側が丸正餃子店に商標権を譲渡し、4月以降「中華丸正」の店名で営業するなどの内容で大阪地裁で和解が成立したことが12日、分かった。昨年12月8日付。

 関係者によると、和解内容は丸正側が平成25年7月に登録した「餃子の丸正」の商標権を丸正餃子店に有償で譲渡。今年3月末まで「餃子の丸正」の店名使用を認め、4月以降は「中華丸正」に改称するという。

 訴状によると、丸正餃子店は昭和44年から営業。中身が透けるほど薄皮の一口サイズが特徴で、52年ごろから1日約600~1千人前が売り切れるようになった。週末は2~3時間待ちの行列ができるほどの人気店となり、たびたびメディアでも紹介されている。

 一方、丸正は遅くとも平成22年3月には「餃子の丸正」の表示で同府門真市で店舗を営業。百貨店の催事などにも不定期に出店し、薄皮の一口ギョーザを提供している。丸正餃子店には20年ごろから「店を間違えた」「紛らわしい」というクレームが寄せられていたという。

会員限定記事会員サービス詳細