教えてオーラルケアマイスター

(1)「歯磨き」えっ! 口すすぎは少量の水で1回がお勧め

 日本人の虫歯罹患(りかん)率をご存じでしょうか? 虫歯罹患率は、虫歯になったことのある歯を持っている人の割合です。厚生労働省の調査(平成23年)によると、大人(35~44歳)の虫歯罹患率は98・8%。つまり、ほとんどの人が虫歯の経験者です。一方、子供(10~14歳)は34・7%。まだ永久歯が虫歯になっていない子供は3人に2人です。

 虫歯は子供の病気と思われがちですが、大人になってから虫歯になる人はたくさんいます。また、高齢になると、歯周病や加齢が原因で歯茎が下がり、歯の根が露出してしまうため、新たに歯の根が虫歯になってしまいます。そこで、子供はもちろん、大人にも役に立つ、虫歯予防に効果的な歯の磨き方を紹介します。

 ポイントは口の中にフッ素を残すことです。

 虫歯を予防するにはフッ素配合の歯磨き剤を使うことが大切です。フッ素は、歯質を強化する▽虫歯菌が出す酸を抑制する▽再石灰化を促進する-の3つの働きで、虫歯の発生や進行を予防する薬用成分です。

 歯磨き剤の裏面の成分表示欄に、「フッ化ナトリウム」もしくは「モノフルオロリン酸ナトリウム」と書かれていればフッ素が配合されています。