真言宗の最高儀式「後七日御修法」京都・東寺で始まる 国家安泰を祈願 - 産経ニュース

メインコンテンツ

真言宗の最高儀式「後七日御修法」京都・東寺で始まる 国家安泰を祈願

 宮中の正月行事を起源とする真言宗の最高儀式「後七日御修法(ごしちにちみしほ)」が8日、京都市南区の東寺で始まった。真言宗各派の高僧15人が14日までの7日間、国家安泰や五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する。

 御修法は1月1~7日を神事、8~14日を仏事で営んだ宮中の正月行事。仏事は真言宗の開祖・空海が承和2(835)年に行ったとされる。国家行事として定着し、廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)の影響で一時は廃止されたが、明治16年に東寺で再興された。

 道場の灌頂院(かんじょういん)には天皇陛下の「御衣(ぎょい)」が勅使によって届けられ、大阿闍梨(だいあじゃり)(導師)を務める御室派総本山・仁和寺(京都市右京区)の立部祐道門跡らが開白法要に臨んだ。

 法要21座は重要文化財「両界曼荼羅(りょうがいまんだら)図(元禄本)」を安置して非公開で実施。14日の結願(けちがん)法要後の午後1時ごろから約1時間、堂内が公開される。