阿比留瑠比の極言御免

半世紀、変わらぬ国会環境の低次元 安倍首相は祖父「岸信介」を超えられるか

 憲法改正に関しては岸氏はこう指摘し、さらに次のように論じている。

 「国民に、憲法改正が必要であり、憲法改正をすべきである、あるいは改正せざるをえないのだという気持ちを起こさしめるような宣伝、教育をしていかなければならない」(同)

 これに対し、安倍首相は昨年12月24日の記者会見でこう強調した。

 「国民的な支持を得なければいけない。どういう条文から国民投票を行うのかどうか、またその必要性などについて、国民的な理解をまずは深める努力をしていきたい」

 そっくりだと感じた。違うのは岸氏は安保条約改定に際して衆院を解散して国民に信を問うべきだったと後悔したが、安倍首相は今回、衆院選を断行して勝った点だ。祖父を超えられるか-。(政治部編集委員)

会員限定記事会員サービス詳細