【高木桂一の『ここだけ』の話】破格の厚遇「まるで赤い貴族」 躍進共産党に君臨する不破元議長の伝説(1/6ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

高木桂一の『ここだけ』の話

破格の厚遇「まるで赤い貴族」 躍進共産党に君臨する不破元議長の伝説

【高木桂一の『ここだけ』の話】破格の厚遇「まるで赤い貴族」 躍進共産党に君臨する不破元議長の伝説
【高木桂一の『ここだけ』の話】破格の厚遇「まるで赤い貴族」 躍進共産党に君臨する不破元議長の伝説
その他の写真を見る (1/2枚)

 昨年の衆院選で他の野党が精彩を欠く中、議席を8から21に増やし「躍進」をはたした共産党。選挙戦では、不破哲三元議長(84)が約9年ぶりに街頭演説を行ったことが大きな話題となった。当の不破氏、平成18年1月の第24回党大会で議長を退任したが、なおも事実上のトップとして君臨しているとされる。

 衆院選終盤の12月10日夜、不破氏は京都市の四条河原町で京都1区の同党候補とともに街頭に立った。不破氏が選挙遊説で街頭に立ったのは17年9月の衆院選以来で、議長を退いてから初めてだった。

 「この歴史的な選挙戦、矢も盾もたまらない思いでかけつけた」

 「政治の歴史をみても日本の夜明けは京都からだ」

 「安倍政権の暴走を止めるために京都の民主・革新の力を発揮しよう」

 不破氏は京都市屈指の繁華街に集結した約5200人(党広報部発表)の聴衆を前にこう強調し、8年の衆院選以来となる選挙区での共産党の議席獲得と比例議席増へ支持を訴えた。演説は約25分間に及んだ。

 翌11日には那覇市に飛び、大接戦が繰り広げられていた沖縄1区の党公認候補の応援演説を行った。

 「不破効果」があったか否かはともかく、沖縄1区は衆院選で18年ぶりに選挙区で議席を獲得する「躍進」の象徴となった。

 不破氏はなぜ9年ぶりに街頭でマイクを握ったのか。