JR越後線の増便は来年3月で終了

 JR新潟支社と新潟市は平成24年3月から実施してきた越後線内野-吉田間の増便を、来年3月14日のダイヤ改正で打ち切る。9月までの年間乗車実績が、実験前に比べ、1日当たり150人減少し、目標の350人増を達成できなかったため。新潟市は「沿線高校の定員や対象区間の人口が減少したのが理由」としている。

 同線では公共交通充実のため、午前10時~午後4時に計6本増便し、約40分間隔で運行していた。

会員限定記事会員サービス詳細