高橋昌之のとっておき

朝日・毎日への反論(12) 衆院選与党圧勝を素直に受け入れよ 低投票率は有権者に責任がある  

【高橋昌之のとっておき】朝日・毎日への反論(12) 衆院選与党圧勝を素直に受け入れよ 低投票率は有権者に責任がある  
【高橋昌之のとっておき】朝日・毎日への反論(12) 衆院選与党圧勝を素直に受け入れよ 低投票率は有権者に責任がある  
その他の写真を見る (1/3枚)

 衆院選は、与党が議席の3分の2以上となる325議席を獲得し、圧勝しました。この結果については社説で、産経新聞が「安倍路線継続への支持だ」、読売新聞が「重い信任を政策遂行に生かせ」と安倍晋三政権は有権者の信任を得たとの評価を示しました。これに対し、朝日新聞は見出しにしなかったものの、「決して『何でもできる』力を得たことにはならない」、毎日新聞は「『冷めた信任』を自覚せよ」と、信任を得たわけではないと逆の見解を示しました。

 安倍政権発足以来のスタンスの違いがそのまま出ているわけですが、選挙結果を率直に認めない朝日、毎日の主張には納得がいきませんので、反論したいと思います。両紙が共通してその根拠にしているのは、(1)52.66%という戦後最低の投票率(2)争点がぼかされた(3)野党が選択肢を示せなかった-の3点です。

 まず、投票率ですが、朝日は17日付の社説でも「低投票率 民主政治の危険水域」との見出しで、「あまりに投票率が低ければ、議会が民意を正当に代表しているのかどうかに疑問符がつく」とし、「まず問われるべきは政治の責任だ」と指摘しました。