LA発 米国通信

「嘘は必ずバレると日本人は考えるが、相手が何回も嘘を重ねれば真実になってしまう」…慰安婦問題の真実を訴える講演会、反日系のトンチンカンな抗議

【LA発 米国通信】「嘘は必ずバレると日本人は考えるが、相手が何回も嘘を重ねれば真実になってしまう」…慰安婦問題の真実を訴える講演会、反日系のトンチンカンな抗議
【LA発 米国通信】「嘘は必ずバレると日本人は考えるが、相手が何回も嘘を重ねれば真実になってしまう」…慰安婦問題の真実を訴える講演会、反日系のトンチンカンな抗議
その他の写真を見る (1/4枚)

 米カリフォルニア州サンフランシスコとロサンゼルスで12月13、14の両日、日本から「なでしこアクション」の山本優美子代表と、「論破プロジェクト」の藤井実彦代表を招き、慰安婦問題の真実を訴える講演会が開かれた。講演会の告知を見た反日系は会場周辺でのデモをネットで呼びかけた。それを見た米国人らがひとり、ふたりと集まってきたのだが…。

 サンフランシスコ近郊のレッドウッド市の会場となった集会所の駐車場。模造紙を掲げた白人やアジア系の抗議団7、8人が集まっていた。

 「あれって、私に何かいおうとしている人たちじゃない。ちょっといってきます」。山本さんの方から近づいていくと、抗議団の男性が「在日コリアンの差別をやめろ」とまくしたてた。

 「…」。山本さんの周りに、主催者側や賛同する参加者が援護しようと近づいたが、意味不明の内容に一瞬絶句。「差別なんかしていません」と山本さんは応じたが、今ひとつかみ合わない。抗議団男性はその後も「ナカソネ、ナカソネ」などとまくし立てた。

会員限定記事会員サービス詳細