【正論】「経済の安倍」成功が扉を開ける 双日総合研究所副所長・吉崎達彦(1/5ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

正論

「経済の安倍」成功が扉を開ける 双日総合研究所副所長・吉崎達彦

 少々下品な言葉遣いをご容赦願いたい。近年のアメリカ政治を語る際に、必ず出てくるこんなスローガンがある。「バカヤロー、経済だけでいいんだ!」(It’s the economy, stupid!)

 1992年の大統領選挙において、クリントン陣営が掲げた言葉として知られている。選挙戦のメッセージはひとつに絞った方がいい。あれもこれもと欲張って、有権者を混乱させてはいけない。普通の国民にとって最大の関心事は暮らし向きなのだから、経済のことだけを語れ、というのである。

 ≪「一点突破、全面展開」≫

 今回の総選挙において、安倍晋三首相は「景気回復、この道しかない」とのスローガンを掲げて戦った。まさしく「経済だけでいい」と言わんばかりの戦略だった。本当は外交や安全保障も語りたかったことと拝察するが、意図的に抑制したのであろう。その結果は、与党が3分の2議席を超えるという堂々たる勝利であった。