「再稼働には反対」…越・大津市長が高浜原発の審査書案了承で見解

 原子力規制委員会で関西電力高浜原発3、4号機(福井県)の「審査書案」が了承されたのに対し、大津市の越直美市長は18日、「県と関電が安全協定を結んでいない状況では、再稼働には反対だ」と述べ、県と関電が安全協定を結ぶことが第一だとの見解を示した。

 越市長は、大津市域には高浜原発から50キロ圏内のエリアがあり、万一事故がおこった場合は深刻な影響を受けるとした。その上で「本当に安全基準がクリアされているのか、という不安や疑問を持つ市民も多い。その不安が解消されるまでは再稼働すべきではない」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細