正論

「地球安保」強化する宇宙開発を 三菱総合研究所理事長・小宮山宏

 ≪幅広い課題に踏み込むべきだ≫

 例えば、わが国の温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」によるデータが、大都市における化石燃料消費による二酸化炭素濃度の地域的上昇を捉えている可能性があることが、ごく最近発表されたところである。

 地球規模課題の解決にむけた民生分野の宇宙利用としては、気象衛星「ひまわり」後継機や「いぶき」後継機が今回の工程表案に盛り込まれているほか、光学とレーダーによる地球観測衛星を継続的に運用することも謳(うた)われており評価できる。

 一方、地球規模課題は温暖化対策だけではない。防災、資源、エネルギー、環境、食糧なども重要なテーマである。こうした幅広い地球の安全保障に対する衛星の寄与という観点から、もう少し踏み込んだ書き込みと、国際社会に対するわが国の貢献がアピールされてもよいのではないかと考える。

 宇宙基本計画は、わが国の宇宙開発利用を進めるうえでの最も基本となる計画である。

会員限定記事会員サービス詳細