政府、来年度予算で基礎的収支の赤字半減目標達成へ 介護報酬引き下げなどで

 PB目標をめぐっては、政府が今年7月、27年度は消費税率10%への引き上げを前提に半減目標は達成可能と試算していた。だが、この見積もりは27年度の財政収支は赤字半減が達成できる収支額を約0・8兆円しか上回らず、目標達成までぎりぎりの水準だった。

 そこへ消費税再増税延期で約1・5兆円の税収減を余儀なくされたため、財政収支の健全化を目指す政府は、27年度予算の編成で例年以上の歳出削減を行う方針だ。ただ、衆院選で大勝した与党内から、景気対策で歳出の積み増しを求める声が強まる可能性もあり、今後、政府と与党、財務省との攻防が激化しそうだ。

会員限定記事会員サービス詳細