産経抄

12月13日

 無類の汽車好きで知られた作家の内田百●は、一等車と食堂車を偏愛した。終戦直後の混乱がなおくすぶり、朝鮮戦争が勃発した昭和25年に百●先生、用もないのに特急「はと」の一等車に乗って大阪に出かけたほどである。

 ▼詳しくは、鉄道文学の金字塔である「特別阿房列車」をお読みいただくとして、借金までして出かけたものの、帰りは二等車(いまのグリーン車)に甘んじた。それだけ一等車は高根の花だった。

 ▼飛行機のファーストクラスは、いまも目をむくほど高い。東京からニューヨークまで最安値のエコノミークラスなら往復10万円を切るが、ファーストクラスでは200万円もかかる。ならば、サービスも最高級で、と望むのは人情というもの。

 ▼マカダミアナッツひとつでも洒落(しゃれ)た器に盛って客に供するのが当たり前という。だからといってナッツを袋ごと渡された大韓航空の副社長が、「お前は降りろ!」と身内の客室乗務員を罵倒し、飛行機を引きかえさせては洒落にならない。

会員限定記事会員サービス詳細