経済インサイド

日中「金融緩和」で韓国「家計債務パンク」打つ手なし…通貨安戦争突入?「進むも地獄退くも地獄」の韓国経済

 日銀の追加の金融緩和策と、中国の中国人民銀行(中央銀行)による基準金利の引き下げが、韓国に大打撃を与えそうだ。金融緩和は国債などを買って大量のお金を市場に流す政策のため、円の価値が下がって円安ウォン高が進んだ。そこに中国の利下げによる人民元安が加われば、「韓国の輸出産業は壊滅する」との声も出ている。窮地に追い込まれつつある韓国は日中との通貨安競争に突き進むのか-。

円安ウォン高 2年で3~4割

 「通貨政策が特定国家の経済力を確保する手段に使われてはならない」

 韓国の崔●(=日の下に火)煥(チェギョンファン)・経済副首相兼企画財政相は11月15日、豪ブリスベーンの20カ国・地域(G20)財務相会合でこう発言したという。急激な円安ウォン高に関連し、日銀の大規模金融緩和策を円安誘導と批判したのだ。

 12月上旬、韓国のウォン相場は一時100円=930ウォンを割り込んだ。2012年夏には1500ウォン台だったため、2年余りで4割弱も円安ウォン高が進んだことになる。

 朝鮮日報によると、100円=950ウォンから900ウォンまで円安ウォン高が進むと、韓国の輸出は8.8%減少するとの試算もある。さらに、サムスン電子や現代自動車などのグローバル企業は円安ウォン高による競争力の低下を心配している。

会員限定記事会員サービス詳細