主張

香港の抗議行動 民主化要求は止まらない

 香港の民主化に逆行する中国の決定に対する学生らの抗議行動が転換点を迎えている。

 香港当局は、裁判所による道路占拠禁止命令を強制執行する形でバリケードと学生らの排除を段階的に進めている。

 混乱を招いた根本的な責任は、そもそも住民の民主化要求を拒否する中国にある。中国はあくまでも流血を回避し、「高度な自治」を保障した「一国二制度」の国際公約を順守しなければならない。

 学生らの街頭占拠は、中国が2017年に初の普通選挙(直接選挙)で実施される香港行政長官選挙をめぐり、中国の意に沿わない候補を事前に排除できる制度を導入したことが発端だった。

 民主派が、一定数の住民の支持があれば誰でも立候補できる制度を求めたのは、もっともだ。

会員限定記事会員サービス詳細