静岡 古城をゆく

善徳寺城(静岡県富士市今泉)

 ■今川氏ゆかり、軍事的要地

 今川氏ゆかりの善徳寺は、応永年間の今川範政期に今川氏の氏寺となり、河東第一(富士川以東)の伽藍(がらん)として栄えた。

 氏親期には、五男を栴岳(せんがく)承芳(のちの義元)として出家させ、九英承菊(太原(たいげん)崇孚(そうふ)雪斎)を補佐役に任命して修行させた。同城はこの際、善徳寺に併設して築かれたという。

 同城が知られるようになったのは、家督を継いだ義元が、武田氏と同盟を結ぶ外交大転換を行ったことを契機に、小田原北条氏との間に起こった河東一乱の際だった。史料はないが、このとき、雪斎の仲介により、義元と武田信玄・北条氏康の3人が同城で会盟し、甲相駿三国同盟が結ばれた-と伝えられている。

 伊勢宗瑞(北条早雲)が竜王丸(氏親)の跡目争いを収めた功により富士郡下方荘を与えられ、その際に同城の前身を築いた-とする説もあるが、前説同様に史料はなく、疑問が残る。

 善徳寺跡(廃寺)西方の日吉浅間神社あたりを同城域とする見解があるが、「駿国雑志」では、同神社の傍に「城山」という地名が記されている。

 この地は都市化が進み、大きく改変されたが、東海道と根方街道の分岐点という軍事的要地であることは変わらない。富士市が復元した石垣の存在もあり、往事を偲(しの)ぶことができる。(静岡古城研究会会長 水野茂)

会員限定記事会員サービス詳細