小学生が伝統神事に挑戦 栃木・生岡神社で子供強飯式

 日光市七里の生岡(いきおか)神社で25日、ユニークな伝統行事「子供強飯(ごうはん)式」が開かれ、大勢の地域住民や近隣の小学生らが見守った。

 小学5、6年の児童が山伏と、山伏に従い荷物を背負う「強力(ごうりき)」を演じ、ほら貝を合図に登場。強飯頂戴(ちょうだい)人に対し、「ありがたい山海の珍味を残さず食え」「一粒(いちりゅう)も残してはならん」と命じ、去っていく儀式を繰り返した。

 同神社はもともと寺院だったが、明治時代の神仏分離令で神社となったため僧侶による強飯式ができなくなり、地元の青年が復活、次第に山伏役らの年齢が下がっていったのが子供強飯式の由来とされる。初めて見たという栃木市の女性は「小さいときから地元行事の楽しさを知り、次につながっていくのはとても良い。子供たちがかわいかった」と笑顔で話した。

会員限定記事会員サービス詳細