プロが指南 就活の極意

企業がシフトしつつある「オフライン就活」とは? セミナーなどでコンタクトを図る

 これらから企業は「就活情報サイト」を利用した採用活動(オンライン就活)から企業が直接学生に接触を試みる採用活動(オフライン就活)にシフトすることが予想されます。10月に大手就活情報サイトから、2016年卒で重点を置く採用手法が発表されておりました。

1位:学内セミナー

2位:特定の学校への訪問

3位:合同企業セミナーの開催

4位:インターンシップの受け入れ

 4位のインターンシップは大学ごとに枠を設け、「就活情報サイト」を活用せずに募集をしている企業が増加しています。企業がオンラインからオフラインでの採用活動を積極的に導入していることが伺えます。学生の皆さんはインターネットだけではなく、他の手段を使って情報を入手する必要が出てきております。

キャリアセンターを有効活用

 情報を入手する方法として、大学のキャリアセンターの活用が挙げられます。企業は大学のキャリアセンターに直接問い合わせして、学生とコンタクトを取ろうとしています。そのため、学生には積極的にキャリアセンターを活用してほしいと考えています。