プロが指南 就活の極意

企業がシフトしつつある「オフライン就活」とは? セミナーなどでコンタクトを図る

 そのため企業も学生と接触が比較的容易な「就活情報サイト」を活用して、学生を確保しようとしていました。理由としては学生の母集団の確保が狙いだからです。

 しかし、今年は「就活情報サイト」を利用しながらも、企業は独自に学生とコンタクトを取ろうとしています。理由は「就活情報サイト」を活用しても、企業が母集団を確保することが難しくなったからです。母集団を確保することは良い学生を確保する確率が高まります。そのため企業は、「就活情報サイト」のプレエントリー数を気にしていました。どれだけの学生が企業に対して興味があるか分かるからです。

売り手市場で学生が企業を絞る

 しかし、最近このプレエントリー数が一部の企業を除き年々減少傾向にあります。景気が改善されて売り手市場になり、学生が企業を絞るようになったからです。さらに求人倍率の上昇による安心感から、内定をもらえないリスクが減少したことにより、学生の就職活動に対する動き出しが遅くなっています。その結果、志望する企業に偏りが生じて、人気企業以外は学生を確保することが難しくなっています。さらには2016年卒の就活スケジュール変更により選考時期の集中が問題になります。学生は日程に制限があるため、興味がある多くの企業を見る機会が減少する状況が生まれ、人気がある企業でも良い学生を確保するのが難しくなる可能性が出てきます。