プロが指南 就活の極意

企業がシフトしつつある「オフライン就活」とは? セミナーなどでコンタクトを図る

 大学3年生の11月は、例年ならば就職活動が始まる12月を直前に控えて、漠然と就職活動に対して不安や焦りを感じていた学生が多い時期でした。しかし、今年は就職活動ではなく文化祭の準備やゼミ活動、アルバイトに励んでいる学生が多いかと思います。ご存じの通り2016年卒生の就職活動は従来の就職活動と違い、就職活動の開始時期が後ろ倒しになります。そのため今年は一部の学生を除き、例年になく学生の就職活動に対する動き方が鈍くなっています。

動き出しが遅い学生…

 企業は例年と同じく10月に内定式を終え2015年卒の就職活動に対し一区切りをつけて、2016年卒の採用にシフトしています。そのため、2016年卒に対する企業の採用方針が徐々に見えてきました。今回は2016年卒の就職活動に対する企業の動き方と、学生への注意点を一部お伝えしたいと思います。

 ずばりキーワードは『オンライン就活からオフライン就活へ』です。この1カ月で新聞やインターネットで使われ出した用語です。しかし、多くの方が知らない用語と思いますので、本日は『オフライン就活』について紹介します。

 私が学生時代だったときから、ほとんどの学生は就職活動をする際に、「リクナビ」などの「就職情報サイト」に登録することから始めておりました。サイト内から会社を検索して、プレエントリー(説明会情報請求・応募書類請求などの意味がある)を行い、説明会に参加し、企業の情報を入手していたはずです。