山武の海岸でトド無事保護 「まずは体力回復優先」

 山武市の九十九里浜で保護されたトドは、3日までは元気な様子だったが、4日にはほとんど動かなくなり、体力を消耗しているとみられていた。同日には心配した多くの近隣住民らも集まり、「トドさん頑張って」と応援の声を送ったり、餌となる魚を持ってきたりする姿が見られた。

 保護にあたり、鴨川シーワールド(鴨川市)の職員は、4人がかりで網を使って動きを封じ、特に力が強い前脚などを押さえた。後ろからおりへ引きずって入れると、市職員が重機でトラックまで運んだ。網をかけられると暴れたが、おりに入ってからは観念したようにじっとしていた。

 近所の70代の無職男性は「トドが出たなんてこれまで聞いたことがない」と驚いた様子で話した。捕獲の指揮をとったシーワールドの海獣展示2課長、中野良昭さんは「衰弱しているとはいえ、トドは力が強い。無事に保護できて良かった。まずは体力回復を優先させる」とホッとした様子だった。

会員限定記事会員サービス詳細