関西の議論

迷走する「でんでんタウン」 サブカル・風俗・免税・ビジネスホテルが進出…顔のない街に

電気、サブカルの次は?

 日本橋が電気街として最も栄えたのは昭和40~50年代。上新電機、ニノミヤ、中川無線、マツヤデンキの家電四天王を中心に堺筋沿いに電気店が軒を並べ、「まけてぇなぁ(安くして)」などと買い物客が店員と値切り交渉をする声が飛び交っていた。

 しかし長引く不況や郊外型安売り家電店の台頭などで、10年余り前から次々と閉店したり、パソコンやオーディオ、照明などの専門店に姿を変えたりしてきた。

 そして昨年8月、「来た、見た、買(こ)うた」のCMで知られる「喜多商店」が閉店したことで、堺筋沿いの電気店は全滅。大型店としては堺筋から1本東の通りの上新電機「ジョーシン日本橋1ばん館」を残すだけとなった。

 これに代わる形で、堺筋西の通称「オタロード」を中心に同人誌専門店やゲームソフト店、メイド喫茶などが相次いで誕生。日本橋はサブカルを中心としたオタク街へと変貌した。

外国人観光客も取り込め

 さらに最近目立つのが、免税店だ。喜多商店のあったビルは、表の看板はそのまま残るものの、中は免税店になっていた。店の前に大型バスが停車し、アジア系外国人が次々に入っていく。店内は電化製品やブランド品、化粧品などが並び、中国語や韓国語が飛び交っていた。

 地元では、東横インができれば、こうした外国人観光客も多く宿泊するようになるとみている。

 一方、メイド文化から発展する形で、若い女性がマッサージしたり、客と一緒に散歩をする「リフレ」や「JK(女子高生)」ビジネスと呼ばれる風俗まがいの形態も登場。一部の悪質なメイド喫茶が強引な客引きやぼったくりを行うなどして治安の悪化を指摘する声もあがっている。

会員限定記事会員サービス詳細