アマゾンのスマホ「Fire Phone」はなぜ失敗したのか

 先日の決算発表で、アマゾンは2014年第三四半期は470億円の赤字を計上したことが明らかになっている。その背景にあるのは、鳴り物入りで登場した謹製スマートフォン「Fire Phone」の失敗のようだ。

「Fire Phone」のユニークな特徴のひとつである「ダイナミックパースペクティヴ」。アプリによっては3Dのような奥行きのある表示を実現できる。

いま、アマゾンの「Fire Phone」はAT&T社で2年契約をすれば実質1ドルで購入できる。数カ月前に発売を開始した時は確か199ドルだったはずだ。7月の発売時点で1ドルにしておけば、ここまで失敗のレッテルを貼られる事もなかったかもしれない。

関連記事アマゾンのスマホ、99セントに値下げ

公式な販売数は公表しないものの、アマゾンが先日公開した第3四半期の報告では、1.7億ドルの損失を抱えており、これはFire Phoneの売上が下回ったことが大きな原因だとされている。そのなかでもアマゾンは8300万ドル相当の未発売のFire Phoneが売れ残っているとコメント。正直これは、相当な売れ残り数だろう。

会員限定記事会員サービス詳細