日本の議論

警察捜査を阻む「国会法114条」 国会侵入男は90分も逃げ回った

【日本の議論】警察捜査を阻む「国会法114条」 国会侵入男は90分も逃げ回った
【日本の議論】警察捜査を阻む「国会法114条」 国会侵入男は90分も逃げ回った
その他の写真を見る (1/6枚)

 小渕優子経済産業相や松島みどり法相(いずれも当時)の「政治とカネ」の問題で緊迫していた永田町で19日、日曜の国会に男が侵入する事件が起きた。国会周辺には警察官が、国会内には「衛視」という衆参の職員がそれぞれ警備に当たっている。にもかかわらず、侵入から拘束までに90分も要した。そこには国会内のきわめて面倒な規則が原因にあった。

 「犯人は靴を片方落としたらしいぞ!」「防犯カメラをチェックしろ」

 晴天の午後3時20分ごろ、男が衆院側の柵のすき間から国会議事堂の敷地内に侵入し、本来は静かなはずの国会に怒号が飛び交った。上空にはヘリが飛び、辺りは騒然。数分後には100人を軽く超える警察官が集まった。

 ところが、目撃した40代の男性会社員によると「なぜ警察官は外にばかりいるんだろうと不思議に思った」と、事件当時を振り返る。

 国会周辺には警察官が不審者がいないかどうか見張っているが、日曜とあって平日よりも手薄だったという。その隙を突いて男は国会内に侵入した。しかし、警察官がすぐさま国会内に入れなかったのは、国会法114条にあった。

会員限定記事会員サービス詳細