主張

国連慰安婦報告 反論書を公開し誤解正せ

 事実をねじ曲げ、誤解を助長する報告書を放置はできない。

 慰安婦を「性奴隷」とした国連人権委員会(現人権理事会)の「クマラスワミ報告書」に対し、日本政府が一部撤回を求めたのは当然である。

 作成者であるスリランカの女性法律家、クマラスワミ氏は修正を拒否したというが、極めて残念で不誠実な対応と言わざるを得ない。事実に基づき撤回すべきだ。

 同報告書は、1996(平成8)年に国連人権委に提出され、慰安婦を「軍性奴隷」と表現し、日本政府に元慰安婦への賠償などを勧告した。「1000人もの女性を慰安婦として連行した奴隷狩りに加わっていた」とする吉田清治氏の証言が引用されている。

 日本政府は、朝日新聞の吉田証言に関する記事が誤報として取り消されたことを機会に、外務省の佐藤地(くに)人権人道担当大使がクマラスワミ氏に会って要請した。

 クマラスワミ氏は、「吉田証言は証拠の一つにすぎない」として報告書の正当性を強弁しているという。しかし、強制連行説の発端となった証言である吉田証言が嘘だと明確になり、慰安婦を「性奴隷」だとして問題を追及する根拠は破綻している。

会員限定記事会員サービス詳細