劇場型半島

「正恩」に会えず、最大理解者の後ろ盾機関も風前の灯火で「朝鮮総連」危機

 それだけに、日朝協議の進展は、中央本部の競売問題を抱える朝鮮総連だけでなく、225局にとってもいわば最後で最大のチャンスといえた。

 日朝関係者は「225局は康氏の個人商店といえ、康氏の健康状態いかんで組織自体が統一戦線部に完全に吸収される可能性がある」と指摘する。

 統一戦線部のトップは、金第1書記の側近の一人として仁川アジア大会閉幕式に合わせ、電撃訪韓した金養建(ヤンゴン)氏だ。康氏とは犬猿の仲ともいわれた。康氏が果たしてきた後ろ盾が消えれば、党官僚らが直接介入し、朝鮮総連に対する要求や引き締めが強まることも想定される。

 だが、現状の朝鮮総連には、本国の集金要請に応えられるだけの在日商工人らに対する掌握力はもはやない。進展が前提だった日朝関係も、拉致再調査の報告をめぐって停滞をきたしており、状況次第では、許指導部が責任を問われかねない。

 許指導部にとっては最高のチャンスだったはずの今回の訪朝。それが訪朝時の金第1書記の不在、拉致再調査の停滞といった朝鮮総連側では予測し得なかった事態に見舞われ、最大のピンチに変わろうとしている。