中国メディアも嘆く 中国人観光客のマナー「洗面台で子どもが放尿」「路上でツバ」-。ホテル・旅館も困惑

 日本政府観光局によると、2014年1~8月の訪日中国人旅行客の累計は前年同期比84%増の154万人と、年間最多だった12年通年の142万人を超えた。尖閣諸島の国有化以降、中国政府は日本と距離を置いているにもかかわらず、中国国民の日本熱は高まるばかりなのは皮肉な話だ。

 中国人のお上りさんはなぜ、公衆道徳を守らないのか。都内の旅行会社で中国人向けツアーを担当するベテラン添乗員は「中国人の富裕層には2種類のタイプがあります」と解説する。海外留学をするなど欧米志向の中国人と、国内で事業を成功させたいわゆる「コテコテ」の中国人だ。コテコテでかつ、初めての海外旅行というパターンが最も手が付けられないという。

日本人客といざこざ

 この添乗員がちょうど1年前、中国人団体客のツアーに同行して静岡県伊豆市の温泉旅館に泊まったときのことだ。旅館の従業員が、食堂内で大声で話をしていた中国人数人を注意したところ、その中国人は反省するどころか逆に食ってかかったという。この旅館では、浴槽に入るときにかけ湯をしなかったり、浴室内で大声を出したりして、日本人宿泊客との間でいざこざが起きたこともあった。