「このクルマはぶっ飛んでるよ」CEOも絶賛、自動運転機能を搭載したテスラ最強の「Model D」

 現行のモデルSから新型モデルに乗り換えるつもりなら、朗報がある。新たに追加される4WDモデルは高度な安全装置を搭載しており、クルマが自動的に危険を回避し、運転(に近い何か)をしてくれる。

モデルSに追加される「D」は、四輪駆動(DualMotor)、自動制御(Driverless)の「D」だ。

テスラの次期モデル「P85D」は、2つのモーターを搭載した4WD車だ。

例えばマクラーレンF1は発進から3.2秒で時速100kmに達するが、この4WD車はそれに匹敵する性能を備えており、現行の「モデルS」より効率性も優れているという。

「このクルマはぶっ飛んでるよ。(乗ると、まるで飛行機が)離陸するような感じで、とにかくクレイジーだ」と、CEOのイーロン・マスクは自身が舵を取るSpaceX本社に隣接するイヴェント会場で、聴衆に向けてコメントした。

現行のモデルSから新型モデルに乗り換えるつもりなら、さらに朗報がある。このモデルは高度な安全装置を搭載しており、クルマが自動的に危険を回避し、運転(に近い何か)をしてくれる。

P85Dの外観は、モデルSセダンの外観を継承していて、マスクは内装の変更に関しても言及はしていない。明確な違いは、その中身にある。前輪の間に備え付けられた新しいモーターは、後輪部分とつながっている。4輪すべてに動力を送れるのは、雪道を走るユーザーには朗報だ。さらに、加速度と最高速度が更新されている。「P85D」は、現行の「P85」より1秒早く60mphに達し、最高速度は現行の130mphに対して155mphを叩きだした。

モデルSに追加される3つのヴァリエーションは、「Dモデル」として登場する[シリーズ名の末尾にDがつく]。従来のシリーズとそれぞれ価格を並べて挙げると、60kWhバッテリー車が71%2C070ドルから、同バッテリーのデュアルモーターシステムが75%2C070ドルとなる。85kWh車は81%2C070~85%2C070ドルで、「P85」は105%2C570~20%2C170ドル。60kWhモデルの販売は2月に始まり、「P85D」は12月には公道を走り始めるだろう。