衝撃事件の核心

120キロ元ラガーマンは口論の客を厚底ブーツで踏みつけて死なせ、席に戻って「最後の晩餐」とラーメンセットを完食した

ラーメン屋で隣の客をボコボコに
ラーメン屋で隣の客をボコボコに

 元ラガーマンの男は176センチ、120キロの巨体を揺らし、厚底ブーツで何度も何度も倒れた男性の顔を踏みつけた。東京都北区のラーメン店で9月、席の座り方を巡るトラブルから男性客を暴行したとして、警視庁は傷害容疑で足立区小台、会社員、今西伸一郎容疑者(37)を逮捕した。今西容疑者が「たぶん死ぬと思った」と供述したことから、殺人未遂容疑に切り替えて送検。男性はその後死亡し、現在は殺人容疑で捜査している。暴行後、「最後の晩餐」としてラーメンセットを注文し、捜査員が到着しても箸を止めることなく完食した男の素顔とは-。(宇都宮想)

「最後の晩餐」 捜査員の怒号にも平然とラーメン完食

 「男が人をけっている」。9月27日午前0時ごろ、東京都北区田端のラーメン店で、客から立て続けに複数の110番が入った。急行した警視庁滝野川署員は、異様な光景を目の当たりにする。

 30席ほどの店内のカウンター近くの床に男性があお向けに倒れていた。口から血を流し、頭の周りには血だまりができており、ぐったりとしている。声をかけても、かすかにまばたきをするだけだった。

 署員が客の男性に当時の状況を聞くと、男性は震える手でカウンター席の方を指さした。その先には、大きな背中を丸めながら無言でラーメンをすする男の姿があった。その男が今西伸一郎容疑者だった。

会員限定記事会員サービス詳細