1・5億円詐取容疑 東芝子会社元社員を逮捕 神奈川

 架空発注を繰り返して勤務先から計約1億5千万円をだまし取ったとして、横浜地検特別刑事部は8日、詐欺容疑で、東芝の子会社、東芝ライテック(横須賀市)の元社員、新藤静代容疑者(59)=横浜市金沢区=を逮捕した。地検は認否を明らかにしていない。

 調べによると、新藤容疑者は同社技術管理部のグループ長だった平成21年4月から22年12月までの間、下請けの印刷会社の社員を利用し、製品に関する図面データ作成などの発注を何度も偽装。受領印を押した虚偽の内容の納品書を東芝ライテックの担当社員に提出し、取引先金融機関から印刷会社名義の口座に代金計約1億5千万円を振り込ませていた。

 地検は、新藤容疑者が自分や家族の遊興費などに用いる目的で代金を振り込ませ、印刷会社社員から自らに還流させていたとみて調べている。

会員限定記事会員サービス詳細