阿比留瑠比の極言御免

クマラスワミ報告書に反駁 幻の反論文書を公開すべき

 反論文書が取り下げられた経緯について、現在の外務省幹部はこういう。

 「われわれが調べても分からない。だが、きちんと間違いを指摘したもとの反論文書と簡略版はまるで別のシロモノだ。いつか反論文書は公開すべきだ」

 反論文書を公開すれば、安倍晋三政権が歴史を修正しようとしているのではなく、日本政府は平成8年当時から、慰安婦問題の事実関係についてこう認識していたのだと内外に示すことができる。無意味な非公開指定はさっさと解くべきである。(政治部編集委員)

会員限定記事会員サービス詳細