LA発 米国通信

慰安婦碑と韓国の姉妹都市 親密な関係の裏には…

 韓国系団体の提案で、慰安婦碑設置が浮上している米カリフォルニア州フラトン市。現地の日本人や、インターネットによる設置反対の署名活動が続いているが、フラトン市長は今春、韓国の姉妹都市を訪問するなど、韓国側との密接な関係が表面化している。これまでも姉妹都市提携を利用して慰安婦碑を設置しようとしたケースがあり、現地日本人らに懸念が広がっている。

 関係者によると、フラトンのチャフィー市長が、韓国・龍仁市を訪れたのは今年3月。姉妹都市提携10周年を記念しての訪問で、妻も一緒だった。公的な訪問のようだが、「自費で行った」(同市長)という。

 フラトン市は日本の福井市とも姉妹都市提携しており、今年で25周年。ところが、チャフィー市長は日本を通り越して韓国まで行ってしまったのだ。

大物国会議員とも面会

 龍仁市の市長や市議らとの面会のほかに、国会議員もチャフィー市長を歓迎した。フラトン市はロサンゼルス市などの大都市でもなく、オレンジ郡に属す比較的小さな市。その市長に国会議員が面会するのは異例といえるが、チャフィー市長が面会したのは、韓国与党セヌリ党の安(アン)鴻(ホン)俊(ジュン)・国会外交統一委員会委員長だった。

会員限定記事会員サービス詳細