現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

日本こそ対露制裁の旗振り役に 北海道大学名誉教授・木村汎

北海道大学名誉教授・木村汎氏(川口良介撮影)
北海道大学名誉教授・木村汎氏(川口良介撮影)

日本政府は9月下旬、ウクライナ問題に関する対露追加制裁を発表した。だが今回も、G7(先進7カ国)に渋々おつき合いする様子が見え隠れする。1回目の制裁がロシア要人の入国を禁じていなかったため、プーチン大統領の「側近中の側近」、セーチン氏は大手を振って来日している。要するに、日本側の対露制裁は遅すぎるばかりか不十分なのである。そのような感想を私が抱く理由を、3点に限って指摘する。

クリミアと北方領土は同根

第1に、己の領土をいわれなく奪われて実効支配されているという点で、北方領土とウクライナ南部のクリミア半島の問題が同根であること。日本とウクライナはともに、旧ソ連ないしは継承国ロシアによる軍事力の行使による、明らかな国際法違反行為の犠牲者という境遇にある。したがって、日本はG7の対露制裁に単に参画するだけではなく、むしろ、率先垂範して制裁の旗振り役を務めてもおかしくないのである。

ランキング

  1. 【新聞に喝!】藤子不二雄(A) 氏が描いた社会の闇に迫れ 同志社大教授・佐伯順子

  2. 【産経抄】5月22日

  3. 【主張】米韓首脳会談 北非核化へ攻勢に転じよ

  4. 【主張】子供とスポーツ 体動かす環境大人が守れ

  5. 【朝晴れエッセー】使い込んだシャトル・5月22日

  6. 【国防解体新書】(2)敵の政治指導者を翻弄 「認知戦」が始まった 社会部編集委員・半沢尚久

  7. 【日曜に書く】選挙時期に連呼される「お訴えさせていただきたい」に違和感覚えませんか? 論説委員・山上直子

  8. 【主張】部活指導の暴力 外部の目が届く仕組みを

  9. 【湯浅博の世界読解】ロシアの戦略的な敗北シナリオ

  10. 【主張】ソロモン諸島 中国の軍事進出許されぬ

会員限定記事