衝撃事件の核心

大田区の猫不審死事件 容疑者「餌やりに憤慨」 一方で自分の飼い猫には「餌やって」

 東京都大田区の公園や駐車場で相次いだ猫の不審死事件。4月以降、有害物質入りの餌を食べるなどして計45匹の猫が死亡した事件は、住民に大きな不安を与えた。警視庁は9月18日、動物愛護法違反容疑で同区の男を逮捕。男は一連の不審死への関与を認める供述をしており、容疑者逮捕に子供を抱える親たちは安堵の表情を浮かべた。容疑者の男は「野良猫への餌やりに憤慨していた」と動機を供述しているというが、自宅で飼っている猫については「母親に餌をやるよう伝えて」と捜査員に話しているという。(荒船清太、今仲信博)

前かごから異臭…職質で観念

 「怪しい」。9月18日午前3時20分ごろ、東京都大田区蒲田の路上に、暗闇の中で自転車を降りて立ち尽くしている男を警戒中の警視庁大森署員が発見した。近づくと、自転車の前かごに入ったポリ袋からは異臭が漂い、猫の死骸らしきものが見えた。

 言い訳の着かない状態に観念したのか、男は署員の職務質問に対し「猫に農薬入りの餌を与えて殺した」と認め、署員もポリ袋の中に4匹の死骸を確認。男が「直前に猫の首を絞めて駐車場にたたきつけた」と供述したことから、警視庁保安課が同日、動物愛護法違反容疑で逮捕した。

会員限定記事会員サービス詳細