上司に反抗的態度とった2人を停職 岡山・東備消防組合本部

 備前市と和気町を管内とする東備消防組合本部は30日、同本部の出張所に勤務する男性の消防士長(34)と消防士(19)を10月1日付で停職6カ月の懲戒処分にすると発表した。

 同本部によると、2人は今年4月2日、同出張所の責任者である50歳代の男性係長に対し、業務通達時に反抗的な言動をしたのをはじめ、7月29日までの間、無視や避けるような態度を繰り返し、日常訓練などでも命令に従わないことがあったという。

 係長は勤務できない状態が続いており、医師からは継続的なストレスによる適応障害と診断された。同本部は「部下からのハラスメント行為があった」と断定した。

 消防士長と消防士は同日、代理人を通じて「ハラスメント行為は一切なかった」とし、近く県人事委員会に対して不服申し立てを行うとした。

会員限定記事会員サービス詳細