酔って駅員に暴行 容疑の内閣府職員逮捕 神奈川

 小田原署は13日、暴行の疑いで、座間市入谷の内閣府沖縄振興局職員、山本慎也容疑者(31)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、同日午後9時5分ごろ、小田原市城山の小田急電鉄小田原駅に停車中の電車内で、男性駅員(21)の右足を4、5回蹴ったとしている。「酒に酔って全く覚えていない」と容疑を否認している。

 同署によると、山本容疑者は乗っていた電車が終点の小田原駅に到着しても座席で寝ており、男性駅員が起こそうとしたところ、突然蹴ったという。男性駅員が山本容疑者を取り押さえて、110番通報を受けて駆けつけた同署員に引き渡した。

会員限定記事会員サービス詳細