大相撲秋場所

新入幕は逸ノ城1人 幕下付け出しから4場所で

 日本相撲協会は1日、大相撲秋場所(14日初日・両国国技館)の新番付を発表した。新入幕は1人だけで、モンゴル出身の逸ノ城は昭和以降2位の速さとなる幕下付け出しデビューから所要4場所で幕内に上がった。旭天鵬は初日前日に誕生日を迎え、年6場所制で初めて40代の幕内力士が誕生する。

 貴ノ岩と佐田の富士が幕内に復帰した。新十両はなく、再十両は魁、芳東、北●(=石へんに番)磨、若荒雄。

会員限定記事会員サービス詳細