河村直哉の国論

ここまで日本人を信頼できないのか、朝日社説に滲む「中国への迎合」と「自己卑下」…69年前の反省を掲げ続けよと国を批判し、慰安婦報道を反省しない「ご都合主義」

 朝日新聞が自社の慰安婦報道を検証したことについて、「検証は不十分」とした人が産経新聞・FNN(フジニュースネットワーク)の世論調査で7割にのぼった。言い訳、責任逃れ、開き直りが随所に見られた検証だったのだから、当然だろう。

早くも反国家的

 しかしこの新聞、案の定、馬耳東風、唯我独尊。8月13日、「戦後69年 歴史を忘れぬ後代の責務」という1本(大型)社説を掲げた。前回の当欄で筆者は、戦後朝日の原点が「過去一切への仮借なき批判と清算」であることを指摘し、「反国家的新聞の日本否定は今後も続く」としたが、その通りのことを早くもやっている。

 社説は今年が日清戦争開戦120年であることから書き起こされる。慰安婦問題を直接の主題にしたものではない。しかしその文脈でも読めるのだ。

 とりあえず社説のいうところを聞こう。

 昨年の戦没者追悼式で安倍晋三首相が「アジア諸国への加害についていっさい言及しなかった」ことに、「歴史書き換えの一歩が潜んでいるのではないか」という。そしてこう展開する。

 「日本軍がアジア諸国に戦火を広げ、市民を巻き込んだ歴史を忘れるわけにはいかない。(略)それを自虐史観と呼ぶのは愚かである。表面的な国の威信を気にして過去をごまかすのは、恥ずべきことだ

 「69年前の反省をきちんと掲げ続けなくてはならないのである」

慰安婦史は修正こそ必要

 「歴史書き換え」とは、いわゆる歴史修正主義(リビショニズム)を念頭に置いているだろう。第二次大戦の史実とされることがらを検討しようとする動きに対して、批判的に使われることが多い。たとえばこの春、反日的論調で知られるニューヨーク・タイムズは、河野談話を検証しようとする動きなどを社説で「安倍首相の危険な歴史修正主義」と題して批判していた。

会員限定記事会員サービス詳細