JCB事務拠点「鳥取ソリューションセンター」が本格稼働

 クレジットカード会社のJCBの事務拠点「JCB鳥取ソリューションセンター」(鳥取市若葉台北)が8月から本格的に業務を開始し、4日、関係者に公開された。

 同センターは敷地約2万2千平方メートル、建築面積約3600平方メートルで2階建て。鳥取県、市の補助で鳥取開発公社がオーダーメード方式で建て、賃貸している。260席の執務スペースが2つあり、女性が雇用のメーンとなることから、トイレは化粧スペース付きとするなど配慮している。

 JCBの事務拠点では全国で2カ所目。事業拡大と自然災害時の事業継続などに対応する。100%子会社のJCBエクセが運営、カード事業の事務処理を行う。現在従業員は43人。地元採用を進め、3年後に200人、8年後に400人の雇用規模を目指す。

会員限定記事会員サービス詳細