現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

「策士」策に溺れたプーチン氏 北海道大学名誉教授・木村汎

北海道大学名誉教授・木村汎氏(川口良介撮影)
北海道大学名誉教授・木村汎氏(川口良介撮影)

マレーシア航空機が撃墜される事件が起きた。どうやら、ウクライナ東・南部で反政府運動を展開中の親露派武装集団が政府軍機と誤認して、ロシアに供与された地対空ミサイルで撃ち落としたとの見方が強まってきたようだ。最終結論は今後の調査に委ね、小稿では一つの問題だけを検討する。事件はプーチン露大統領にとって一体どのような意味をもち、氏の政策にどう影響してくるのか?

暴走した?トロイの木馬

まず事件の背景として、次の疑いが提起される。つまり、親露派武装集団はプーチン氏の思惑を超えて暴走したのではないか。

ランキング

  1. 【産経抄】5月23日

  2. 【多面鏡】精密司法を支える「取り調べ」 リスクだけで罪悪視する愚 大阪社会部長・牧野克也

  3. 【主張】侵略国ロシア 「北方の脅威」にも備えよ

  4. 【世界の論点】マスク氏のツイッター買収

  5. 【正論】新・経済枠組みが問う日本の手腕 明星大学教授・細川昌彦

  6. 【主張】クリーンエネ戦略 原発新増設から逃げるな

  7. 【産経抄】5月22日

  8. 【新聞に喝!】藤子不二雄(A) 氏が描いた社会の闇に迫れ 同志社大教授・佐伯順子

  9. 【浪速風】無関心を恐れよ

  10. 【産経抄】5月21日

会員限定記事