「遊ちゃん」まで天国に… ジンベエザメ、また死ぬ 大阪・海遊館

 大阪市港区の水族館「海遊館」は16日、5月まで展示していたメスのジンベエザメ「遊ちゃん」が、同館の研究施設(高知県土佐清水市)で死んだと発表した。酸素を十分に取り込めない状態が続き、治療中だった。

 13日にもメスの「天(てん)ちゃん」が死んだばかり。これで同館が飼育するジンベエザメは、研究施設にいるオス1匹のみとなった。

 同館によると、遊ちゃんは体長4・7メートル、推定7~8歳の子供で、平成23年7月から一般に公開。その約2年後、同館にきた天ちゃんと一緒に泳ぐ姿が来館者の人気を集めていた。

 今年5月、治療のため研究施設に移動。水中の酸素濃度を高めたり、食欲増進の注射を打ったりしたが、回復しなかった。死因は不明という。

会員限定記事会員サービス詳細