地酒で乾杯条例、和歌山市でも 県内3例目施行

 和歌山市議会は26日の定例会で、議員提案された「和歌山市地酒による乾杯の奨励及び普及の促進に関する条例」案を全会一致で原案通り可決し、同日付で施行した。乾杯条例の施行は、県内では海南市と田辺市に続いて3例目となった。

 条例は、古くから親しまれてきた同市の地酒による乾杯の習慣を広め、伝統文化への理解の促進を図り、地域経済活性化につなげることが狙い。市には地酒による乾杯の奨励と普及に努めること、製造業者や市民には地酒の普及促進に向けた取り組みに協力することを求めている。

 同条例については今月3日、和歌山酒造組合が「和歌山市の日本酒(地酒)で乾杯を推進する条例の制定を求める陳情書」を同市議会議長に提出していた。

会員限定記事会員サービス詳細