上甲俊参与が愛媛副知事へ 上甲啓副知事が途中退任

 愛媛県は26日、来月31日に任期途中で退任する上甲啓二副知事(64)の後任に上甲俊史参与(60)をあてる人事案を6月定例県議会閉会日の7月9日に追加提案すると発表した。上甲参与は県議会の同意を受けて副知事に選任される。任期は8月1日から4年間。退任する上甲副知事は非常勤の特別職の特別参与に就任する予定。

 上甲副知事の任期途中での退任について、記者会見した中村時広知事は「一身上の都合。後進育成のため(上甲副知事が)一つの区切りと考えた。今後は経済界など広い人脈を生かして国体開催などをサポートしてほしい」と述べた。副知事の後任に起用する上甲参与については「防災、減災対策などに力を発揮してくれると期待している」と語った。長谷川淳二副知事(45)と副知事2人体制を維持する。

 上甲参与は鬼北町出身。県民環境部長や総務部長などを経て、今年4月に非常勤の特別職、参与に就任した。上甲副知事は西予市出身。経済労働部長や参与などを経て、24年4月に副知事に選任された。任期は28年3月31日だった。

会員限定記事会員サービス詳細