滋賀知事選 三日月氏が「7つ星の滋賀」公約発表

 任期満了に伴う知事選(26日告示)を前に、立候補の意向を表明している元衆院議員で新人の三日月大造氏(43)が17日、選挙公約となる政策集を発表した。「7つ星の滋賀」と銘打ち、「新しい公共交通の推進」「ものづくりで元気な滋賀を」「安全・安心社会の実現」など7つの柱を掲げた。

 策定に当たっては、「県内各地で県民と対話を重ねてきた」として、持論の「草の根自治」の姿勢をアピール。県内7つの行政区分ごとに、それぞれの課題に応じた政策も提示した。また、「原発に依存しないエネルギー政策の確立を国に求める」などとして、嘉田由紀子知事が提唱する「卒原発」の理念と、関連する施策も盛り込んだ。

会員限定記事会員サービス詳細