災害時の測量や調査迅速に 島根県と測量設計業協会が協定

 島根県と県測量設計業協会は、「災害時の測量設計業務の支援に関する協定」を締結した。災害復旧工事のための測量や調査に技術者を迅速に派遣し、早期復旧につなげる。

 協定では、災害時に県の出先機関と協会の責任者が連絡を取り合い、現場に技術者を派遣。市町村が管理する施設などの災害調査も県が協会に支援を要請できるとしている。

 島根県庁で行われた協定の調印式には、溝口善兵衛知事と県測量設計業協会の和田晶夫会長が出席。和田会長は「誇りある島根づくりのため技術を磨いていきたい」と話した。

 協会によると、公共事業の減少で技術者が減っており、昨年夏に県西部を襲った豪雨では県の発注に対応するため、一部で通常業務を延期するなどの影響があったという。

会員限定記事会員サービス詳細