榮倉奈々、トヨエツと濃密ベッドシーン 「娚の一生」映画化でW主演(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

榮倉奈々、トヨエツと濃密ベッドシーン 「娚の一生」映画化でW主演

 女優の榮倉奈々(26)と俳優、豊川悦司(52)のW主演で、人気漫画「娚(おとこ)の一生」が映画化されることが22日、分かった。30代女性と50代男性による大人の恋愛物語。廣木隆一監督(60)で来年公開される。実年齢より年上の役を演じる榮倉は髪を伸ばしてイメージチェンジし、ベッドシーンにも挑戦。清純派女優から大人の女性へ脱皮する作品になりそうだ。()

 恋に臆病な人も、素敵な恋愛をあきらめている人も、心のどこかでは人に愛され、幸せな結婚がしたいと願うもの。たとえいくつになっても。そんな複雑な感情を描いた大人の恋愛映画で、榮倉が新境地を開く。

 原作は全4巻で累計150万部を誇る漫画家、西炯子(けいこ)さんの人気コミック。自分は幸せになれないと思い込む女性・つぐみ(榮倉)が、親子ほど年の離れた男(豊川)から猛烈な求愛を受け、最初は戸惑いながらも次第にひかれていく物語だ。

 劇中のつぐみは30代の設定。26歳の榮倉より年上だが、登場人物の微妙な心情の変化を大切に表現したいと考えた製作サイドは「型にハマった芝居をせず、スクリーンで生きてくれる女優」と榮倉に白羽の矢を立て、年齢差を補える演技力に期待する。