羽田-米国便に「スカイ・マーシャル」 拳銃携行、東京五輪へテロ対策強化(2/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

羽田-米国便に「スカイ・マーシャル」 拳銃携行、東京五輪へテロ対策強化

 今年3月末に羽田空港で国際線の発着枠が拡充されたのに伴い、警視庁は4月1日に警備部直轄で空港内のテロの初動対応にあたる「空港テロ対処部隊」を発足、スカイ・マーシャルも同部隊に配属された。

 テロ対策に詳しい公共政策調査会の板橋功氏は「羽田空港の利便性が高まればテロリストが紛れ込む危険性も高まる。『安全・安心』をうたって東京五輪を招致したのだから、国の責任でテロ対策を強化するのは当然だ」としている。